放送運行業務

放送送出技術(マスター)

放送運行監視業務。

放送はコンピューター制御によって自動運行されていますが、入力したデータ通りに放送が進行されている事を放送の最終段階であるマスター室(主調整室)で監視します。スポーツ中継の延長や大事件、大災害が発生した時など放送時間が大きく変更される場合にコンピューターの入力データ書き換えを行い延長放送や緊急特番に対応します。マスターは放送局の心臓部であり、ここから最終調整されて放送されます。

放送準備(スタンバイ)

放送素材の事前準備業務。

あらかじめ編成された番組表(タイムテーブル)に従い放送素材(番組やCM)を事前に準備します。この番組は何時何分何秒から何時何分何秒までなのか、CMはどういう順番で入るのか、生放送なのか等、放送に関するすべてのデータを収集し放送を組み立てます。また、放送素材に画面の乱れはないか、放送禁止用語など入っていないか等、あらゆる角度からのチェックを行うのもスタンバイの仕事です。

演出業務

ディレクター

番組制作そのものの責任者。

カメラ・音響・照明・ビデオエンジニア等の専門スタッフを指揮しながら、プロデューサーが考えた番組の方向性や規格に沿って番組をカタチにしていきます。番組や構成に関わる一方、専門スタッフで構成されたチームを率いて現場に出向き取材し、同時にビデオを取ってきたりもします。思い立ったらすぐに行動に移す力や、高いコミュニケーション力が求められる仕事です。

制作技術業務

カメラ

テレビカメラを操作する仕事。

番組の台本や構成、そして演出意図を理解し単に被写体をとるのではなくレンズをとして映像表現する重要な仕事です。直接視聴者に伝わるため、カメラの基本操作は勿論の事、構図感覚や美的感覚、アドリブのセンスは必要不可欠といえます。また、スタジオや中継などでは数人のカメラマンとの共同作業で番組を創っていくので協調性も必要になってきます。

音声(オーディオ・ミキサー)

音の集音や音声卓(ミキサー)を使った音の調整を行う仕事。出演者の声や音楽など番組内のすべての音を調整、管理します。ロケ現場では、演出意図に合わせた集音を行い、ミキサーで調整します。番組の演出に合ったマイクを選択するなど音声としてのセンスを要求される場面も多いです。また、他の職種以上にたくさんの機材を持ち運ぶこともあり、体力や腕力も大事な要素です。機材の知識はもちろんですが、鋭い音声感覚を身に着けていく必要があります。

タイトル美術(CGタイトル)

番組のタイトルロゴのデザインやテロップ入力、フリップの作成などを行います。

Illustrator、Photoshopなどを使用したデザイン作業はもちろんですが、生放送でのテロップ入力や番組内で使用するパネルやフリップの作成も行います。朝一番のニュース番組や夕方の情報バラエティなど、放送までの時間が短くてもスピードと質の両方を求められるため、同僚とのチームワークが欠かせない仕事です。

PAGE TOP